どれが自分たちに合う?3つの挙式スタイルについて

どれが自分たちに合う?3つの挙式スタイルについて


情報不足は失敗の原因に

結婚式は一生に一度の大きなイベントとなるため、誰もが結婚式場選びに失敗したくないと思いますよね。昔から憧れていたウェディングドレスを着たいからと教会で式を挙げたけれど、あとから友人の白無垢姿での結婚式も良いものだと感じて、もっと吟味して選べばよかったと後悔することもあります。結婚式のスタイルはさまざまですし、衣装も色んなタイプがあります。結婚式場に関することが情報不足ですと、あとから後悔することが多くなるので、一生に一度の特別な日だからこそ、よくリサーチして失敗するリスクを減らしましょう。

どう違う?挙式スタイルについて知っておこう

結婚式場を選ぶときは、挙式スタイルの違いについても把握しておきましょう。結婚式では結婚の誓いを交わし合いますが、挙式スタイルによって意義や形式に違いがあります。「教会式」はチャペルなどで執りおこなわれます。神に結婚を誓い合い、結婚指輪を愛の証として交換するという挙式スタイルで、衣装はウェディングドレスを着用します。「神前式(しんぜんしき)」は、両家や親族との家と家のつながりを重視した挙式スタイルになり、神殿で式を挙げます。白無垢の婚礼衣装が印象的な和テイストな式です。形式や宗教にとらわれない挙式スタイルが「人前式(じんぜんしき)」です。場所も教会やお寺などの自分たちの好きな場所で選んでおこないます。参列者全員が結婚の証人となります。それぞれの特徴をしっかりと押さえ、2人だけの意見だけではなく、両家の意向も配慮しながら決めていくとよいです。

昔から城下町として栄えてきた歴史があるので、名古屋の結婚式場は派手であり、また、人々も派手さを好みます。